税界タイムス

事務所の増客・増収をサポート!!

◆記帳に代わる新規業務とは?
◆事務所経営の効率化、合理化とは?
◆顧問先が喜ぶ付加価値業務とは?
◆IT時代に対応した会計システムとは?

「税界タイムス」は、税理士業界の動向をはじめ、顧客獲得のための手法、事務所経営に関するノウハウ、業務に関連するITニュースなど、厳選した情報を掲載した税理士・公認会計士のための新聞です。毎号、読みやすい内容の紙面をお届けします。税理士・公認会計士が購読する新聞としては、国内最大級の新聞です。


税界タイムス 最新号

税界タイムスVol.97

第97号 2024年2月1日号

今すぐ読める! kindle版もあります。


会計・税務ソフト業界に地殻変動 NTTデータとエプソンが提携


昨年、日本ICS(株)が独立系IT大手のTIS(株)の完全子会社となり、さらには、エプソンがNTTデータとの業務提携に舵を切った。昭和・平成を通じて寡占状態が続いてきた会計事務所向けソフトウェア業界も、freee・マネーフォワードその他新規参入を加えた業界地図の塗り替えがはじまったようだ。


2面 介護特化にビジネスチャンス到来!


高齢化の進展で、さらなる需要拡大が予測される介護業界。小規模中心の介護事業者への関与は手間がかかることから税理士は敬遠しがちだったが、介護保険制度改正を機に新たなビジネスチャンスが訪れようとしている。


3面 「AI税務相談ロボット」が登場!


デジタル化と人材不足の解消が急務の税理士業界において、精度の高い情報収集ツールは生産性向上に欠かせない。そんな中、新たに開発・提供された「税務相談ロボット」は、税務相談にAIが活用された初めてのケースとして注目を集める。


4面 新連載 会計事務所「事業合流」の活用


今号より連載がスタートした「事務所後継者問題の解説シリーズ」。第一回は、事務所M&Aのリスクを軽減する「事業合流」の本質について解説する。


5面 社労士「SATOグループ」の躍進を支えるクラウドシステム


社労士・行政書士のグループとしてダントツの規模(総勢約1,700名)を誇る「SATO グループ」の躍進を支えるクラウドシステム。税理士との連携やその活用法について、SATOグループの日本社会保険労務士法人給与事業部長の生垣公彦氏にインタビューした。


6面 どうする⁉紙の証憑回収やデジタル化


1月より始まった改正電子帳簿保存法。最大の課題は原始資料の回収方法や電子化で、様々な対応商品やサービスを独自取材。


7面 若手税理士による(一社)次世代税理士研究会が始動!


昨年末、研究会のキックオフとなった「税理士サミット」。300名超が参加したこのイベントは業界内で大きな話題に。その中心的な存在のサン共同税理士法人代表社員の朝倉歩税理士に、研究会のビジョンや将来構想を熱く語ってもらった。


8面 「ストリームド」新たに2つの代行サービス


紙証憑の自動記帳「STREAMD(ストリームド)」が会計事務所に提供する2つの新サービス。「資料回収」と「スキャン作業」の代行サービスを大公開。




今すぐ読める! kindle版もあります。

新聞購読について

購読料 年間 5,280円(消費税込・送料込、前納)
発行日 各月1日発行、年6回(2、4、6、8、10、12月)
体裁 タブロイド判8ページ
発行部数 6,000部

媒体資料(広告資料はこちらをご覧ください)

税界タイムスの購読・見本誌請求・広告掲載 お問い合わせはこちら

TEL03-6261-6315

FAX03-6261-6316